【ザイヤフレックス®注射用の供給について】

  日本におけるザイヤフレックス®注射用(以下「本剤」)の供給再開が不可能となったことをあらかじめお伝えいたします。

  デュピュイトラン拘縮に対する酵素注射療法で用いる本剤は、エンドベンチャーリミテッド社(本社:アイルランド、以下、エンド社)にて製造され、旭化成ファーマ株式会社(以下、旭化成)が国内にて販売していました。しかし、エンド社が旭化成への供給を2019年に停止したため、旭化成が供給再開を求めてエンド社と係争を続けてきましたが、国内では本剤を使用いただけない状況となっていました。
  このたび、エンド社が本剤の北米以外への商業供給事業に関する事業ユニットを撤廃して日本への供給を再開できない状況にあることが判明したため、旭化成が裁判官の勧告を受け入れて国内供給の再開を断念しました。
  供給停止の理由は本剤の安全性や有効性に関わるものではなかったものの、今後の供給再開が見込めなくなったことから、患者さま、医療関係者の皆様におかれましては他の治療法による対応をお願い申し上げます。

デュピュイトラン拘縮酵素注射療法による症状の緩和へ